「ものづくりって何?」「そもそもハードウェアって?」という非ガジェット女子、レイナがインタビューをするコーナー、「キキテーニャ」。株式会社Cerevoの岩佐さんを相手に、中国深センの電気街「ファーチャンペー」と中国工場の秘密に迫る企画の第3弾では、前回に続きファーチャンペーのディープなところや知られざる裏ネタについてお届けする。

岩佐 ファーチャンペーの面白い裏ネタは、まだまだありますよ。

レイナ 聞きたいです!

岩佐 ファーチャンペーはECが中心なので、物流がものすごいんです。すごい勢いで荷物がパッキングされて、そこら中を荷物が行き来してる。中国郵政やTNTの連中が荷物を担いでいる光景が広がっています。狭い場所だから、ひたすら人力です。

レイナ 中国物流パワー半端ないですね。

岩佐 あと、ファーチャンペーは電気街というイメージだけど、最近女性用ファッションなんかも増えてますよ。

レイナ 楽しそう。

岩佐 あとはね、「修理」が強いんです。ここ数年で伸びているのはスマホを修理する店です。

レイナ 格安で修理できそうですね。私のスマホもボロボロだから修理してほしい。

カオスだけど意外とフレンドリー?

中国人は大のカラオケ好き。スマホに繋げるカラオケマイクも売られている。

岩佐 パーソナルモビリティの店も増えましたね。こういうのがばんばん売っていて、みんなこれで店中で走り回っています。

レイナ カオスすぎません ?

岩佐 カオスです。子供たちがそこらじゅう走り回っていたり、店員のお姉さんが普通に子守しながら店番してたり、飯食いながら店番してたり。愛想は正直言って悪いですよ。でもね、やっぱり全体的に安い(笑)。

レイナ 最後が大事。

岩佐 店内は薄暗くて、最初はちょっと怖いかもしれません。当然、カードはほぼ使えないので現金文化。値段は交渉次第でぜんぜん変わるんです。昔の大阪みたい。

レイナ 岩佐さんも実際に交渉しているんですか?

岩佐 はい、いつも交渉していますね。まとめて買うから安くしろ! とかあっちの店ではXX円だったぞ! とか、高すぎるからこれもおまけでつけろ! とか。

レイナ 結構強気な交渉ですね。

岩佐 関西人にはやりやすいですよ。ファーチャンペーに限らず、対アジア人の価格交渉は慣れないと難しいけど、慣れてしまえば楽ですよ。

レイナ 向こうは交渉に応じてくれますか?

岩佐 ケースバイケースですね。こちらも急いでいることが多いので、駄目なら諦めて買っちゃいますね。ただ、同じ物を売っている店がごまんとあるので、10軒に安値をふっかけてみて全部駄目なら11軒目で定価で買うとか。値札がついていないことが多いので、10軒全部価格が違うこともあって面白いです。

レイナ 日本とは違ってきっちりしていないんですね。

岩佐 中国の人は愛想は悪いけど、フレンドリーなところもあって人間関係を重んじるんです。交渉文化なんですよね。対工場の交渉などでは、相手と時間をかけて関係を作りながら、いつもタフなネゴシエーションをしていますよ。

レイナ ファーチャンペーネタ、永遠にでてきそうですね。

一覧へ戻る 右矢印